2016年10月13日

ニコン AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED ポートレートサンプル作例 背景のボケた写真の撮り方

ニコンの高級単焦点レンズ AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED のサンプル写真が公開されています。

Nikon 105mm f/1.4 Portrait Shooting

105mmという中望遠焦点距離とF1.4という明るいレンズが特徴な AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED 。
中望遠で非常に明るいレンズ特性は人物や動物などのポートレート撮影に最適ですよね~。

絞り開放付近で撮影されたサンプル写真は被写界深度が浅く、豊富なボケ量。
背景をボカし、被写体をクッキリと印象的に描写しています!


デジタル一眼レフ、ミラーレスカメラなどの高級カメラを購入する理由は様々だと思いますが・・。
こんな風に「背景のボケたアートな写真を撮影したい!」というのも理由のひとつにありそう。

デジタル一眼(レフ)カメラに搭載されているセンサーのサイズは様々。
マイクロフォーサーズ、APS-C、フルサイズ、中判サイズ、などの大きさがメジャー。

上記のセンサーのサイズは一般的なコンパクトデジタルカメラのセンサーサイズよりも大きいんですよ。
中判 > フルサイズ > APS-C > マイクロフォーサーズ の順でセンサー的なボケ量は多くなります。

センサーサイズが大きくなればなるほど、同じF値での被写界深度は浅くなりボケ量が増えるんですよね~。
より背景のボケた写真を撮りたい場合、センサーサイズがより大きいカメラを選択すると楽に撮影できます。

ただ、センサーサイズの大きさだけでは背景のボケた写真は撮影できません。
そこで便利なのが AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED のような中望遠で明るいレンズなんですよ。

同じセンサーサイズなら、レンズのF値が低ければ低いほど被写界深度は浅くなります。
作例でもF1.4やF2.0、F2.8といった絞り開放付近でボケ量の多いポートレート写真を撮影していますし。

同じ立ち位置から写真を撮影したとしてもF1.4とF2.8ではボケの量に差があり、F1.4のほうが多くなります。
F1.4という明るいレンズは一般的な交換レンズよりも表現力の幅が広く、優れていると言えますね!



非常に優れているとはいえ AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED のお値段は現在20万円前後と高価・・。
交換レンズに20万円ポンッと出せる人はカメラ好きな方でもそんなに多くない気がします。

「10万円以上する高級レンズを使わないと背景のボケた写真を撮影できない・・?」
いえいえ、そんなことはありません。

例えばセンサーサイズの小さなコンデジでもある程度は背景のボケた写真を撮影することは可能。
ズームを望遠側に設定し、被写体に近づいて撮影できれば被写界深度を浅くすることができます!

デジタル一眼レフ、ミラーレスカメラなら比較的安価で明るいレンズを購入するのも手。
ニコンなら AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G が人気。
キヤノンなら円形絞りの EF50mm F1.8 STM (EF50mm F1.8 IIの後継レンズ)などが有名。
これらの単焦点レンズでも被写体までの距離と絞り値を上手く設定すれば背景のボケた写真を十分撮影可能。

最初はそういった比較的安価なカメラ機材でポートレート写真を撮影してみるのもいいかもですよ!

でも人間というのは欲深い生き物なもので・・。
「ボケの量」の次は「ボケの美しさ」「ボケ味」なんてのが気になってきたり・・(笑)。

より「綺麗な写真」「美しい写真」を求めるのはカメラ好きのサガ。
描写力の高いAF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDが高価でも人気になるわけですね~。

2016年10月09日

ソニーα99 II 4k画質サンプル動画 ボディ内手ブレ補正搭載フルサイズデジタル一眼カメラ

ソニーのフルサイズデジタル一眼カメラ α99 II

日本国内での発売日が2016年11月25日に決まりました。
ボディのみでの販売価格は現在38万円前後、キヤノンの EOS 5D MarkIV が42万円前後。
比較してもフルサイズカメラとしてはややお安めのお値段かも。

4K画質で撮影された公式サンプル動画も公開されています!



もはや完全に「動く写真」といった感じ。モアレやシャギー感も少なく、解像力も圧倒的ですね~。

フルサイズセンサー搭載ということもあり、被写界深度の幅の広さも魅力的。
女性モデルさんを撮影しているシーンのように、背景がボケた被写界深度の浅い表現も楽々。
もちろんレンズをしっかりと絞れば、風景シーンのようなボケが少ないシャープな描写も可能。
これだけの高画質なら、自主製作映画なども手軽につくれちゃいそうです。
プロ、ハイアマチュア問わずクリエイター志向の人にはたまらないムービーカメラですね!

最高4.5段分という ボディ内手ブレ補正 を搭載しているのも嬉しいところ。
写真、動画を交換レンズ問わず手ブレ補正が効いた状態で撮影できるのはやはり安心。

写真面では、新開発という ハイブリッド位相差検出AFシステム の性能に注目ですね。
オートフォーカスの性能、精度は実機を触って自分で確かめてみたいところ。

画素数は4200万画素超・・!最大7952×5304という巨大なサイズの写真が撮影できます。
光学ローパスフィルターレス仕様ということもあり、解像力重視のデジタル一眼カメラと言えるでしょう。

高画素カメラということで、気になるのはやはり高感度画質・・。
同じフルサイズのキヤノン EOS 5Ds R は5060万画素でISO1600くらいまでは常用できそうな感じでした。
α99 II も解像力重視のセッティングですし、同じくらいの高感度耐性かもですね~。
更なるサンプル写真の公開が楽しみです!

2016年10月08日

オリンパス PEN Lite E-PL8 女性向けセルフィー自分撮りミラーレスカメラのサンプル写真

オリンパスの女性向けミラーレスカメラ PEN Lite E-PL8 のサンプル写真が公開になっています。

Olympus E-PL8 Samples

既に発表があった海外での名前は「PEN E-PL8」。
日本国内ではまだ未発表ですが、前モデルを考えると「PEN Lite E-PL8」になりそうですね。

PENシリーズというと女優の 宮崎あおい さんがCM、イメージキャラクター。
デザインを最重視したとも言われる女性向けの優れたルックスが魅力なミラーレスカメラです。

個人的にこういうオールドカメラをモチーフにしたデザインは大好き!

女性向けということもあり、タッチ自分撮りスタイルというセルフィー機能に特に力を入れているのが特徴。
下開き液晶モニターのタッチパネルを使っての自分撮りは携帯、スマホなどでの撮影よりも便利便利!
モニターを見て構図を決めながら自分撮りできますからね~。
モニターをこちらに向けるとちゃんと画面の表示が左右反転してくれるのもポイント。

片手撮影が多くなるセルフィーですし、ボディー内手ぶれ補正がちゃんと搭載されてるのも嬉しいところ。
構図をバッチリ決めて撮影しても、手ブレが大きいとせっかくの写真が台無しですから。


サンプル写真の画質はというと・・ISO100などの低ISOでは布生地の模様もクリアに描き出す高画質。
描写力の高い専用レンズとマイクロフォーサーズセンサーのおかげでコンデジとは一味違う画質ですね。

半面、ISO1600などの高感度画質ではノイズリダクションが効きすぎていてややのっぺりしている印象。
布生地の模様などがかなり潰れてしまっていますし、常用はISO800くらいまでですかね~。


マイクロフォーサーズセンサーは一般的なコンパクトデジタルカメラよりもセンサーが大きいんですが・・。
APS-Cやフルサイズといった一眼レフ、一眼ミラーレスカメラと比べるとセンサーが小さいんですよ。

センサーが小さいと採りこめる光の量も当然少なくなり・・高ISOでの画質は劣化しがち。
PEN E-PL8は1600万画素とかなりの高画素カメラですし、どうしても高感度画質は辛くなります。

個人的にはPENシリーズももう少し画素数を少なくしてさらなる高画質を追求してほしいところ。
せっかく優れたデザインとユーザーのニーズに合致した便利機能を持ってるのにモッタイナイ。

APS-Cやフルサイズカメラと画素数の「数字の大きさ」だけを競っても不毛なだけですからね。

2016年10月01日

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED サンプル写真 美しいボケ味の中望遠単焦点レンズ

ニコンの 中望遠単焦点レンズ AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED のサンプル写真が公開されています。


交換レンズ百景

開放F値1.4という浅い被写界深度を実現できる高性能な単焦点レンズ。
段階的になだらかなボケ味を実現する三次元的ハイファイ的な設計で美しいボケ味が魅力的!

焦点距離105mmという中望遠、ボケ量の多い開放F値1.4、そして美しいボケ味。
周囲の背景をボカし、モデルをはっきりと際立たせるのが好まれるポートレート撮影などに最適かも。

路地裏の野良猫を撮影したボケ味の美しい写真などはまさにそんな感じの印象。
こんなボケ量の多い写真を撮影してみたいというカメラ、写真好きの方は多いんじゃないでしょうか。

個人的に撮影会やコスプレイヤー撮影といった主に女性を撮影する際に使用したいところ。
美しいボケ味は幻想的でもあり、女性の柔らかさ、しなやかさを表現するのにもぴったりですから。

また開放F値1.4という明るいレンズということもあり、暗い場所でもシャッター速度を稼ぎやすいのも特徴。
シャッター速度が速いと手ブレしにくくなりますし、より低ISO高画質で写真を撮影できますよね~。

開放から解像力は高いですが、数段絞るとさらに解像感の高いシャープな描写に。
焦点距離を変更できない単焦点レンズですし、被写体があまり動かない風景撮影などにも向いていますよ。


便利なズームレンズとは違い、常に同じ距離に焦点が合う単焦点レンズは撮影的に万能とは言えません。
でも、こういうボケ味が美しくボケ量が多いサンプル写真をみせられたら・・欲しくなっちゃいます(笑)。

レンズを交換して撮影できるのも一眼レフ、ミラーレス一眼カメラの魅力の一つ。
自分の撮影用途にあわせた交換レンズをしっかり選んで購入して集めたいですね~。

2016年09月27日

マイクロン社レキサーCFast2.0カードの性能、互換性とは EOS-1D X Mark II無限連写動画

キヤノンの高級ハイエンド一眼レフカメラ EOS-1D X Mark II
秒間14コマの連写性能を誇るプロ向けの性能が魅力の高性能プロ向けデジタルカメラです。

このEOS-1D X Mark II、なんと 無限連写 ができるとのこと・・!
マイクロン社レキサーブランドの CFast2.0 カードを使用した動画が公開されていました。



使用カードは レキサー LC64GCRBJP3500 Professional 3500x CFast 2.0カード 64GB 。



既存のCFカードのパラレル転送ではなく、SATA(シリアルATA)というシリアル転送方式を採用しています。
SATAというとパソコンのHDDやSSDでも用いられている高速なデータ転送方式。
最大読込525MB/s、最大書込445MB/sという転送速度はもやはソリッドステートドライブ並みですよね~。
マイクロン社はメモリ、SSDなどのジャンルなどでも大手なのでさすがの技術力。

その速度は既存のCFカードと比較すると約3倍という高速っぷり!

デジタルカメラのRARデータはファイルサイズが数十MBに達するほど大きく、転送に時間がかかります。
そのためデータの転送速度がボトルネックになり、連射を続けることが不可能になっていました。

しかし、高速なCFast 2.0カードでボトルネックが解消!
EOS-1D X Mark IIで、64GBの容量を使い切るまで連写し続けることが可能になったわけですね~。


フィルムカメラの時代も知る者としては、もっと写真一枚一枚の撮影を大事にして欲しい気もしますが・・。
プロのフォトグラファーなど、二度と来ない一瞬を撮り逃せない人にとって連写性能は非常に重要。
ポートレートや風景写真ならいいですけど、スポーツや動物などは被写体が待ってくれませんからね(笑)。
データの容量が尽きるまでRAWで無限連写できるという安心感は大きな魅力になりそうです。

残念なのは、既存のCFカードとCFast 2.0カードの互換性が無いこと。
このため、CFast 2.0カードに対応したデジタルカメラでないと使用できない点には要注意。

カメラの画素数はどんどん大きくなり、デジカメ動画もフルHDは当たり前で4K動画が撮影できるカメラも。
データ量の増大に伴い、記録媒体の転送性能もどんどん重要になってきています。
既存のカードでも今のところ無限連写などしなければ問題はないですが・・やはり速いほうがいいですし。
いずれはエントリー、ミドルクラスの一眼レフカメラでも高速転送カードが主流になる気がしますね~。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。